2005年08月24日

OCTPUS CAFE 『TAKOTAKO KING』

人生一度は行って見たい店
第二弾

OCTPUS CAFE 『TAKOTAKO KING』

BARとたこ焼き屋が合体した
大阪ならではな店

大きなタコの看板でコテコテの大阪をかもし出し
OCTPUS CAFE
とコジャレたサブタイトルに負けず劣らずの
シャレた店内のこの店は
心斎橋に3店舗
しかもそのうち一軒はアメリカ村のど真ん中にあります。
BARとたこ焼き屋が合体している為か
夜中にしかやってない!(昼に行っても店は閉まっていました)

居酒屋で飲んだ2件目、3件目にはまさにうってつけ
店内にはSOUL MUSICが流れ
ブラックミュージック大好きな自分にはめちゃめちゃ居心地のいい店です。
味はうまいし酒も進む!!

めちゃよろしぃですわほんま

東京にこんな店つくれば絶対ははやるとおもうんやけど、どないでしょう?
どなたか東京にこんな店あったら教えてください。

お店の紹介ページです↓
http://www.citydo.com/tako/chubu/0186.html

地図です↓
PICT0031.JPG


--------------------------------------------------------
OCTPUS CAFE 『TAKOTAKO KING』 アメリカ村店

大阪市中央区西心斎橋2-13-1
TEL  06-6211-0071
18:00〜早朝5:00
posted by ebibi at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

串かつ「だるま」

大阪新世界

通天閣で有名なこの町へは
JRなら→環状線 新今宮
地下鉄なら→堺筋線・御堂筋線 動物園前
から行くことができます。
>>MAP

通天閣では有名ですが
町のことはおそらく知らない人が多いでしょう
(関西人でも行ったことがない人は多いはず!!)
町のつくりは昭和初期の日本を思い起こさせるほどディープ!
まさに
THAT'S 大阪
です
>>新世界案内

駅から降りてしばらく散策していると
占いの張り紙が何枚も貼ってある店を発見!
なんやろ?と思って中を覗くと中は
立飲み屋






へ?( ゚Д゚)




立飲み屋??

占いだけでなく酒も出す
新たなビジネススタイル発見です。
あきんど魂恐るべし!!!!

話は長くなりましたが
本題のお店紹介

ジャンジャン横丁にある
串かつ『だるま
は赤井英和がおすすめする有名な店(行列は覚悟)

たかが
串かつとあなどるなかれ
本場大阪の串かつは
冷えたビールに良く合い、めちゃうまい!(ノ ゚Д゚)ノ 
まさに
「うまいもんはうまい」の世界です

『だるま』の串かつはころもが
うまく何本でもいけました。
ビール→串かつ→ビール→ビール→串かつ→ドテ焼き→ビール→ビール→ビール・・・

だるま以外にも
この新世界は
安いくて、うまいもんや、お店がいっぱいあります

ビール好きにはたまりまへん
思わず「うまいがな」と言ってしまうでしょう。

是非、THAT'S大阪を感じてください。

------------------------------------------------

串かつ 『だるま』ジャンジャン店

〒556-0002 浪速区恵美須東1-6-8
TEL 06-6636-7729
http://kushikatu-daruma.com/
posted by ebibi at 13:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 潜入レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

次回のテーマ

次回のテーマは
人生一度は行って見たい店 関西編

実は、地元が関西なので何軒か行ったことのある
店があるんですよね。
そんな中から何軒かレポートしたいと思います。

まず
関西編 第一弾は
大阪新世界 ジャンジャン横丁!!

ここはかなり濃いーパンチの効いた町です。
そう!大阪の名所通天閣のあるところです。
ここにある店達はどれも個性的。

「にいちゃんパンチ効いてまんなー」

と思わず口にしたくなること間違いなしexclamationつっ込みどころ満載です。

まさに‘人生一度は行って見たい所’

潜入レポートはまた後日UP予定(お楽しみに・・・)

2005年08月03日

『バドワイザーカーニバル』潜入レポート

眠らない町・新宿歌舞伎町
会社からは電車で15分

飲みに行くといえば
もっぱら新宿が多い。

れいの『ものまねバー』
長州小力が出演するらしく
やつのパラパラが見たいがために
火曜日にも関わらず
定時後ダッシュで新宿に向かう・・・・・・・・・・・


すばらしかった
あの技のキレはまさに芸術!!
そういえば、小力は某アイドルユニットとコラボして
「IKE IKE 長州小力バージョン」という
歌出してました。
>>記事はこちら

「キレてないですよ」とマニアックな長州のモノマネが
頭からは離れません。


前置きはこのくらいにして本題へ

「バドワイザーカーニバル」
名前だけでなんともトワイライトな響きです。
新宿スクエアビルの7Fに店はあります(激安の殿堂ドンキホーテの近く)
モノマネバーのあとに行ってきました。

中に入ってびっくり!

バドガールにはもちろん惹かれましたが
客がばかり
多少女性客がいたものの
ほとんどがエロおやじ(自分もやけども・・・)

隣の席のサラリーマン集団
の1人は
他の客に注文を運びに言ったバドガールを
なめるように凝視!常に凝視
じっと見ていました(めちゃおもろかった)

まわりでは
なにやらバドガールと楽しいゲームをしている。
なんやろう?とメニューを手に取ると
バドガールとふれあえるメニューが!!

むきむきたまご・・・・

そんなメニューを注文してみる


出てきたのは、ゆで卵と2人のバドガール
バドガールが歌を歌った後、額でゆで卵を割られました。
んで、額には
PICT0028-thumbnail2.jpg
↑こんなバンソウコウを貼られ(シュルイタクサンアリマス)
終了


その他、たくさんの体験をして店を後にしました・・・


正直、キャバクラみたいな感じで盛り上がってしまいましたが
れっきとしたビアガーデンです。


男同士数人で行くと盛り上がります。
posted by ebibi at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。